ことだまのしるべ

読書の記憶
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | - | ▲top
<< 残虐記 桐野夏生 | main | 空中ブランコ 奥田英朗 >>

六番目の小夜子 恩田陸

JUGEMテーマ:読書

津村沙世子―とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。

いわゆる「学校の怪談」です。
年齢が上がると共にいつしか学園モノは読まなくなったのですが、これはまあまあ読めたかな。
登場人物の若さがこの物語を引っ張っている感じがします。
ホラー(?)とか言う割には、ぜんぜん怖く無いですけどね。
permalink | comments(0) | - | ▲top

スポンサーサイト

permalink | - | - | ▲top

この記事に対するコメント

コメントする