ことだまのしるべ

読書の記憶
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | - | ▲top
<< 幻夜 東野圭吾 | main | 鬼に喰われた女―今昔千年物語 坂東眞佐子 >>

イン・ザ・プール 奥田英朗

評価:
奥田 英朗
文藝春秋
¥ 500
(2006-03-10)
JUGEMテーマ:読書

「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。

読みたかった本がやっと読めました。
面白いけど、「空中ブランコ」のほうが良かったので星は4つ。
この小説を読むと神経科のイメージが変わるなあ。
正常と異常の境目ってなんだろうな、と思いますね。
permalink | comments(0) | - | ▲top

スポンサーサイト

permalink | - | - | ▲top

この記事に対するコメント

コメントする