ことだまのしるべ

読書の記憶
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | - | ▲top
<< 放課後 東野圭吾 | main | 白馬山荘殺人事件 東野圭吾 >>

卒業―雪月花殺人ゲーム 東野圭吾

JUGEMテーマ:読書

7人の大学4年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。ある日、祥子が自室で死んだ。部屋は密室、自殺か、他殺か?心やさしき大学生名探偵・加賀恭一郎は、祥子が残した日記を手掛りに死の謎を追求する。しかし、第2の事件はさらに異常なものだった。茶道の作法の中に秘められた殺人ゲームの真相は!?

加賀恭一郎ファンとしてはいつかは読まねば、と思っていた作品。
ただ、青春小説があまり好きじゃないのでね…。
最近の作品に比べると、やっぱり初期のものはミステリーとしてキッチリしているなあと思います。
正統派というか。
トリックが複雑で(そのあたりは流しながら読んじゃったけど)、アガサ・クリスティやエラリィ・クイーンを思い出しました。
permalink | comments(0) | - | ▲top

スポンサーサイト

permalink | - | - | ▲top

この記事に対するコメント

コメントする