ことだまのしるべ

読書の記憶
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | - | ▲top
<< 殺人現場は雲の上 東野圭吾 | main | ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー (光文社文庫) >>

邪魔 奥田英朗

評価:
奥田 英朗
講談社
---
(2001-04)
JUGEMテーマ:読書

始まりは、小さな放火事件にすぎなかった。似たような人々が肩を寄せ合って暮らす都下の町。手に入れたささやかな幸福を守るためなら、どんなことだってやる―現実逃避の執念が暴走するクライム・ノベル。

三者三様の人生が交錯する小説です。
そういう点では「最悪」と似ているんだけど、こっちのほうがずっと面白いと思う。
みんな幸せになりたいただけなのにな。
ちょっと歯車のかみ合わせが狂っただけで、こんなにも哀しいラストになるのか・・・と。
長編で読む時間を作るのが大変だったけど、この作品は読んでよかった。
permalink | comments(0) | - | ▲top

スポンサーサイト

permalink | - | - | ▲top

この記事に対するコメント

コメントする