ことだまのしるべ

読書の記憶
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | - | ▲top
<< ウインクで乾杯 東野圭吾 | main | 家日和 奥田英朗 >>

第三の時効 横山秀夫

評価:
横山 秀夫
集英社
¥ 660
(2006-03-17)
JUGEMテーマ:読書

殺人事件の時効成立目前。現場の刑事にも知らされず、巧妙に仕組まれていた「第三の時効」とはいったい何か!?刑事たちの生々しい葛藤と、逮捕への執念を鋭くえぐる表題作ほか、全六篇の連作短篇集。本格ミステリにして警察小説の最高峰との呼び声も高い本作を貫くのは、硬質なエレガンス。圧倒的な破壊力で、あぶり出されるのは、男たちの矜持だ―。大人気、F県警強行犯シリーズ第一弾。

面白かったです。
専門用語(っていうか隠語?)が出てくると、ちょっと引いちゃうんだけど、でも屈強な男たちの内面が良く描かれていて引き込まれるのです。
シリーズ第一弾ということは続きがあるのかな。
横山作品にすっかりハマってしまったようです。
permalink | comments(0) | - | ▲top

スポンサーサイト

permalink | - | - | ▲top

この記事に対するコメント

コメントする