ことだまのしるべ

読書の記憶
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | - | ▲top
<< ダーク 桐野夏生 | main | 名探偵の掟 東野圭吾 >>

性犯罪被害にあうということ 小林美佳

評価:
小林 美佳
朝日新聞出版
¥ 1,260
(2008-04-22)
JUGEMテーマ:読書

2000年8月31日、性犯罪被害にあった。生まれてから24年間、住み慣れた街で。その日から変わってしまった身体・考え方やものの見方、家族や恋人・友人との関係…。被害者にしか語れないリアリティー。

被害者は、なんでこんなに苦しまないとならないのか。
犯罪者の勝手な行動で人を絶望させていいのか。
自分がもしもレイプされたらどうするだろう。
はじめて痴漢に遭った時はパニックに陥った。
その後、痴漢されてもひたすら我慢してきた。
でも、いまレイプされたら、絶対に警察に言うと思う。

「タガタメ」聴きたいと思ってYouTubeで聴いたけど自分のiMacに入ってたよ…。
よく歌詞の意味を考えて聴くとジンと心に響くなあ。
permalink | comments(3) | - | ▲top

スポンサーサイト

permalink | - | - | ▲top

この記事に対するコメント

初めまして。私も性犯罪被害者でブログで実名と顔を公開しています。
本を出したいと思っています。よかったら覗いてみてください!
とざ | 2009/03/30 12:34 AM
はじめまして。
私の場合は知人が加害者になり大きな衝撃を受けました。(私は被害者ではありません)
ブログを拝見させて頂きますね。
紙魚 | 2009/04/01 11:10 PM
表面的にしか見ていないからでは?

http://doradora-katudou.seesaa.net/article/182994581.html
性犯罪被害者が相談した警官はレイプ犯で裏金作り担当係で御栄転。

警察が性犯罪捜査?ご冗談でしょ。

この活動は警察の予算増額のためなんじゃないかな。
いまの警察の実態からすると、そんなふうに疑いたくなる。

警察なんかに騙されるなよ。
y | 2011/01/30 9:43 AM
コメントする