ことだまのしるべ

読書の記憶
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | - | ▲top
<< 火天の城 山本兼一 | main | インコは戻ってきたか 篠田節子 >>

永遠の0 百田尚樹

JUGEMテーマ:読書
「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ 祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

先日、知覧特攻平和会館を見学しました。
その直後にこの本を読むことになったのは、何かに導かれたのかと思うほど。
途中はエピソードが続くだけだし、最後はなんだかなあ、と思うところもあるけれど、そういうことは抜きにして、特攻で散っていった若者たちの遺書を読んだあとだけに、心に響きました。

permalink | comments(0) | - | ▲top

スポンサーサイト

permalink | - | - | ▲top

この記事に対するコメント

コメントする