ことだまのしるべ

読書の記憶
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | - | ▲top
<< 人生がときめく片づけの魔法 近藤麻理恵 | main | 白銀ジャック 東野圭吾 >>

新参者 東野圭吾

評価:
東野 圭吾
講談社
¥ 1,680
(2009-09-18)

JUGEMテーマ:読書
  日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。

加賀シリーズは好きです。
先にテレビドラマで見ちゃったんで、内容はわかっていたため、ちょっと流し気味に読んじゃったかも。
でもなかなか面白かったです。

permalink | - | - | ▲top

スポンサーサイト

permalink | - | - | ▲top