ことだまのしるべ

読書の記憶
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | - | ▲top
<< 新参者 東野圭吾 | main | 真夏の方程式 東野圭吾 >>

白銀ジャック 東野圭吾

JUGEMテーマ:読書
「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッ キーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。今、犯人との命 を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス。

あっという間に読めます。
作者がスノーボードをやるだけあって、シロウトさんにもわかるような言葉で書こうとしていることがよく分かります。
内容は、フィクションだから。
現実味はないけど、そう思って読めば面白かったです。
permalink | - | - | ▲top

スポンサーサイト

permalink | - | - | ▲top